わきがや多汗症を解決する〜スクスク健康ごきげん毎日〜

脂肪吸引を受ける

女性達

脂肪細胞を除去します

脂肪吸引はカニューレという細い管を脂肪層に直接挿入し脂肪細胞を吸引する施術です。脂肪細胞そのものを除去するため、見た目にサイズダウンができリバウンドもしない人気の高い施術です。現在の形の脂肪吸引は1980年代にフランスの医師によって開発され、その後FDAの承認を得て、世界中に広まりました。初期は出血量が多いなど患者の体に負担がかかる点が改善点とされていましたが、1990年代にチューメセント方法が開発されました。脂肪吸引は患者の体の負担を減らすことを目標として改善が行われてきました。出血量を減らすことや、組織や血管を傷つけないことが重要視されています。現在、この方式の脂肪吸引が普及しつつあります。脂肪細胞を破壊してから吸引するため、血管や神経を傷つける恐れが少なくなりました。手術時間も短くなり、ダウンタイムも短くなりました。さらに、超音波式の脂肪吸引では、回転するカニューレが開発され、さらに手術時間が短くなっています。

脂肪吸引は、全身行なうことも可能ですが、気になるところだけを集中して行なうということも可能です。体のみならず、顔の脂肪吸引まで出来るまで技術が進歩しています。いまは1日で施術が完了してしまうので、仕事帰りでも出来るようになっています。ただ初めてだと不安なことが多いので、すぐに行なうのではなく、きちんと医師とのカウンセリングを行なっていきましょう。美容整形外科によって、相談やカウンセリングは何度でも無料にしているところがあるので、納得のいくまで相談をしましょう。

Copyright© 2017 わきがや多汗症を解決する〜スクスク健康ごきげん毎日〜 All Rights Reserved.